【カフェバイトをしたい方へ】志望動機や面接対策をご紹介!

カフェ バイト

スターバックス、ドトール、タリーズ、個人経営。今はいろいろなカフェがありますね。

 

お店の特徴は様々ですが、カフェで働く人はどこか穏やかで優しい雰囲気の人が多いと思ったことはありませんか?

 

今回は”カフェの面接で採用されやすい人”をピックアップしてみました。

 

「カフェで働いてみたいな~」と思っている方は、ぜひ参考にしてみてください♪

 

清潔感のある人

 

「さわやかに超したことはありません」と面接官なら誰でも思うようです。

 

接客業ですから、清潔でさわやかなイメージというのは、絶対の条件なんです。

 

清潔感=面接の服装でもないようで

・服装はきちっとしてるけど髪はボサボサ

・見た目はさわやかだけど、爪や靴は汚い

 

といったように、けっこうジビアに見ています。

 

服の身だしなみも大切ですが、やはり普段からの心掛けも大切です。

 

言い換えれば、普段から見た目に気を遣っている人であれば、特に問題はありません。

 

きちっとした服装で面接に来た人

 

アルバイトの面接だからという理由で、ジーンズ+Tシャツで来る人が意外と多いそうです。

 

「服装は自由でいいです」とはいうものの、スーツまでとは言わないがそれなりの服装で来ていただきたいと思っているようです。

 

つまり、そういう機転が利き考えられる人を採用したいようです。

 

あと余談ですが、ノーメイクの女性はあまり印象がよくありません。ナチュラルメイクでも良いので必ずメイクはしていきましょう。

 

穏やかな雰囲気の人

 

カフェの面接官が必ずあげる特徴です。緊張して強張っていても、人が持つ穏やかさは分かるそうです。

 

話のしかたや仕草に落ち着きある人は、店員となっても人気がありその人がいるからとお客様が定着するほどの威力を持っているそうです。

 

居酒屋などでは元気いっぱい挨拶が出来る人を採用したがりますが、カフェではゆったりと優しい口調で話す人の方が好印象です。

 

時間を守る人

 

カフェに限らずだと思うのですが社会人として「面接の5分前」は基本中の基本です。

 

だからといって早く着けばいいというものでもありません。

 

ただしよくあるのは、時間ピッタリに来る人だそうです。

 

ピッタリは間違ってはいないのですが、面接に来たことを伝え部屋に案内され、面接を始める、という流れをしていると、どうしても5-10分は時間をロスしてしまい、結果として面接に遅れたのと同じ時間になってしまうそうです。

 

店側にも時間に余裕がない場合もありますので、時間5分前は徹底して覚えておきましょう。

 

笑顔と会話が自然に出る人

 

面接で緊張していて笑顔が出ないのは分かるけど、全く話せなくなってしまうのは致命的な問題です。

 

お店に来るお客様は毎日同じ人とは限りませんし、中には見た目で圧倒されてしまうような人も来ます。

 

そんな状態で緊張して無言になってしまうと、お客様に迷惑がかかってしまう。という理由だそうです。

 

面接では笑顔と話し方をいかに自然にできるかというのがポイントになりますね。

 

ただし、へらへら笑っている人はNGだそうです。気をつけましょう。

 

いかがでしたか?

 

カフェの店員さん、面接のハードルがちょっと高めですが見た目にそれなりに気を遣って、落ち着いて面接に望めばそこまで気構える必要はありません。

 

既に働きたいカフェの目星がついていれば、お店の店員さんの仕草などを事前に観察してみるのも1つの手段ですね!

 

コーヒーの知識等も身につきますので、好きな人はぜひチャレンジしてみてください。

 

興味のある方はバイトルからお近くのカフェを探してみてください♪


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/datumougeino/xn--t8j4aa4n5fma1eya4syc3oqa6ib5545i338ak8h3n2f139a.com/public_html/wp-content/themes/jin/include/breadcrumb.php on line 199